愛知県の歯科医院 医療法人一栄会 宮本歯科 名古屋市中村区上石川町3-21

名古屋超精密入れ歯・義歯相談室

入れ歯・義歯でお困りの方  お気軽にご相談を

超精密義歯(BPSシステム)

BPS義歯の製作過程

 

BPSシステムとは「患者の生体機能に合わせた印象採得(型取り)、咬合採得(咬み合わせの位置決め)など装着までの一連の作業を、BPSの定めた臨床技術に則して実践し、専用の材料や機器を使って義歯を完成させるシステムです。

BPS(生体機能補綴機構)は、現在、ヨーロッパ諸国のみならず、米国歯科大学・歯学部49校中23校が教育カリキュラムに取り入れている義歯製作システムです。

このシステムは、特殊な材料・器具を使用することにより、従来型の義歯よりはるかに超精密な義歯を製作することを可能にしました。

 

BPSによる総義歯製作ステップ

 

1回目のアポイント

 

@   顎の型を採る専用の器具(アキュデントシステム)を使って上下顎の型を採ります。(概形印象)

 

   

 

 

A   セントリックトレーによる一次咬合採得(咬み合わせの位置決め)

 

 

 

 

[技工操作]

 

   1)概形印象から模型を作ります。

 

  

 

 

 

 

   2)その模型から精密な型を採る器具(各個トレー)を作ります。

 

 

 

 

   3)各個トレーにナソメーターMを設置

 

 

 

 

2回目のアポイント

 

@   各個トレーを使って精密な型取りをします。

 

 

A   精密な咬み合わせの位置決め、および水平的な顎の位置決めをします。

 

 

 

 

[技工操作]

 

 

 

 

 

 3回目のアポイント

 

@   蝋で作った義歯の試適、咬み合わせの位置の確認

 

 

 

 

4回目のアポイント

 

@   最終義歯の完成と装着

 

 

 


医療法人一栄会 宮本歯科
〒453-0835
愛知県名古屋市中村区上石川町3-21
052-411-8054

Copyright (c) Miyamoto Dental Clinic All Rights Reserved.